Hiro Education

「考えさせられる」問題チャレンジ および「発音をきわめる中国語」のプログラムを提供

娘のコーヒー・デビュー

先日、娘がコーヒー・デビューした。

ブラック・コーヒーである。

砂糖・ミルク入りは前にも飲んだことがあるはずだが、甘くて好きではないと言っていた。

いま彼女は19歳なので、決して早いデビューではないかも知れない。

でも、私自身、甘いコーヒーに慣れてきた人間にとって、画期的なことである。

ブラック・コーヒーが美味しい(正確には香りがいい)と知ったのもせいぜい10年くらい前である。

もともと甘いお菓子が好きだったこともあり、苦い飲み物の方が相性がいいともいえる。

これから、娘はいろいろな分野でデビューを果たしていくだろう。

こっちもその刺激を受けて、デビューならぬ、「復帰」をしていきたい。

小学生時代に少し習った書道を昨年秋から習い始めた。受験でずっとブランクのあった娘も同時に「復帰」した。

しかし、上達の速度は娘に敵わない。

そして、いま娘は自動車教習所に通っている。

運転デビューも近い。ただ、娘が運転する車に乗るのはちょっと怖い…。

楽しみなのはお酒デビューである。

かみさんがビール党なので、それ以外のワインや日本酒で娘と語り合える日が

実に楽しみである。